calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

プロフィール

こんにちはDr.Kwanです。 日本では某大学病院で消化器内科医として診療してきましたが、2010年よりシンガポールにて内科医をしていました。2013年より日本に帰国し、能登で半医半農生活を始めました。 以前から栄養に興味があっていろいろ学んできましたが、普段の食事が健康にとても大事なこと、私たちの食習慣が知らない間に不健康なものになってきていることに気付きました。 これから、栄養について究め、どんな食事を摂るべきかについて皆様に伝えることで、少しでも多くの人を健康にすることができれば・・・と思っています。

能登の在来種「大浜大豆」

0
    先日、能登半島の先端にある珠洲市狼煙で、大浜大豆という在来種の大豆を作っていらっしゃる、二三味(にざみ)さんのお宅にお邪魔してきました。
    大浜大豆で味噌を作ろうと思ったのと、能登里山里海マイスターの仲間が能登の在来種についてまとめているので、先輩にアポを取ってもらってお会いすることができました。

    **********************************************************
    在来種というのは、昔ながらの自分で種を採り継いできたものです。何代にもわたって良いものを選抜することで、その土地にあった性質が固定されていきます。

    え、じゃあ種を採らないものって何?と思われた方はいらっしゃいませんか?
     
    今の種はほとんどがF1種(一代雑種)と呼ばれるものです。袋をみると、◯○交配と書いてあったりします。
    F1は形も収穫時期も揃っていて育てやすいのですが、種を採っても次世代はバラバラの性質のものが出てきたり、種が採れなかったりします。ですので、毎年種を買わなければならなくなります。

    在来種は、収穫時期や形や大きさが揃わなかったりもしますが、個性的で美味しい、地域に根ざしたものが多いのです。
    **********************************************************

    二三味さんのお話は、仲間のブログで先にUPされていたので、そちらを御参照ください。
    <Club Sans-souci>能登島生活つづり

    二三味さんは迷惑がる素振りもなく、親切にいろいろ教えてくださいました。
    その間、奥様は岩のりのゴミを取り除く作業をしながら、背中越しにしっかりお話は聞かれていて、絶妙な合いの手を入れて来られます。こんな息の合った素敵なご夫婦だからこそ大浜大豆が復活したのだと納得しました。

    そして、帰りに道の駅「狼煙」にて大浜大豆で作った豆腐を買って帰ったのですが、これが美味しい!!

    次は大浜大豆で味噌を作ります。
    そして、残った分はウチの畑に植えてみます。

    そして、もっともっと能登特有の在来種について調べてみたいと思います。
    人気ブログランキングへ Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック